2012年7月17日火曜日

下請けからの脱却を目指す前に準備しておきたい事って何だろう?(1)

「下請けからの脱却を目指すのであれば、何からどーしたらいいんだろ~??? (o´д`o)=3 」
「下請けから脱却するには、どんな準備をしておく必要があるんだろ~???何を準備しておいた方がいいんだろ~??? o( ̄_ ̄|||)o--- 」

多重下請け構造の業界だから、下請法違反されるがフツーだし、事あるごとに値下げ要求されるわ、無理難題を突きつけられるわだけど、それでも仕事がないよりずっとマシだから我慢してやらざるを得ないんだよね・・・ (;´д⊂) 」
「実際に下請けから脱却をするかどーかはまだわからないけど、下請けからの脱却も含めて今後の会社の方向性を検討したいんだけど、何からどーしたらいいのやら・・・ (;・∀・) 」

下請法なんてあったって、どーせなーんの役にも立たなさそうだから、いっそのこと下請けからの脱却を目指した方がいいんだろーか??? (|||▽ ) 」
「それともこのまま我慢して下請けを続けていた方がいいんだろーか?その方が無難なんだろーか???めっちゃ悩んじゃうよな・・・ o゚p(∴´⌒`∴)q゚o。 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・

このように、とってもとっても切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

コレって、もしかしたら・・・

下請法とは?何をされたら下請法違反?下請けいじめに該当する?
多重下請け構造とは?多重下請けによる弊害って何だろう?
「日本人の強み・弱みとは?外国人には真似できない事、不思議な事って?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って?」シリーズ
「海外と日本の生産性の違いとは?日本の生産性が低い原因って?」シリーズ
「顧客とは何か?お客様って誰?等について考えてみると気づく事って何だろう?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも~???

なーんて、感じることもあるので・・・ 

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

例えば、下請けからの脱却を目指した経験がある中小零細企業経営者の方の、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ A社の経営者の声
今まで、ずぅーっと下請けをやって来たんですが・・・
下請けいじめなんて、日常茶飯事でしたね。

値下げ要求とか、注文内容がコロコロ変わるとか、決算書を見せろとか、無茶苦茶な要求とか、イヤなら取引を打ち切るとか、どこの親会社も言うことは同じでした。

発注書もなく口頭注文が当たり前、契約書がある方が珍しい、契約書をもらえても守ってもらえないのであってもなくても同じという状況でした。

下請法の名前ぐらいは知っていましたが、あんなのあったってどーせ何の役にも立ちませんよ。

弱い下請けの立場でもの申すなんて、結局できっこないんですから。
万が一言ったとしても、下請けいじめは延々と繰り返されるでしょうし。

それでも我慢して、下請けを続けていたんですが・・・
そんな状況に、ある日突然ブチキレました。

溜まりに溜まった不満が、限界に達して大爆発したんでしょうね、きっと。

「下請けに未来はない!」
「下請けである限り、人間扱いしてもらえることは絶対にない!」
「下請け企業に経営努力を押しつけるばかり、そんな会社と取引してもジリ貧になるばかり!」

そんな風に激怒した覚えがあります。

「今後、下請けは一切やらない!」

そう決心して、下請けからの脱却に向けて動き始めたんですが・・・
想像していた以上に苦労しました。

何せ今まで下請けしかしたことがなかったので、マーケティングや営業はもちろんのこと、全てが初めてのことばかりだったのですから。

自社のことも他社のこともある程度知っているつもりだったのに、全く知らなかったんだと痛感させられました。
今までずっと下請けに甘んじていたツケが、一挙に回って来たんだと思います。

ですから、下請けからの脱却を決断したのはいいけれど、何からどうしたらいいのかわからない。
人手も足りないけど、多くの正社員を新たに雇えるほどの資金力もない。

最終製品を開発しようにも、事業化できるほどのアイデアもなければ技術力もノウハウもない。
事業化できそうなアイデアが出て来ても、資金が潤沢にあるわけではないし、確実に回収できるという見込みもない。
借り入れをしようにも、ウチみたいな中小零細企業なんてまともに相手にしてもらえない。

販路を開拓しようにも、どうしたらいいかわからない。
会社案内のパンフレットやチラシの類すら今までつくったこともないから、どうつくればいいのかもわからない。
飛び込み営業をしようとしても、電話で売り込みをしようとしても、零細企業で知名度も低いから相手にすらしてもらえない。

ホームページをつくろうにも、制作業者をどうやって探したらいいかわからない。
制作業者をやっと見つけてつくってもらおうとしても、肝心要の内容を全く考えていなかったため、時間もお金もかかる。

ホームページをやっとつくっても、誰にも見てもらえない。
SEO対策というのが必要と言われたので業者に頼んでやってもらったら、閲覧者数が増えるには増えたけど注文には全く結びつかない。
むしろ、勘違いしたヘンな売り込みメールや電話、FAXばかりが増える。

公的機関に相談しようにも、相談内容そのものより現在の資本金や売上高ばかり重視されて相手にしてもらえないように感じるし。

そうではなかったとしても、国や自治体に依存して税金で食わせてもらうのが当たり前って感覚の公的機関の人間なんかに、下請け企業の気持ちがわかるとは到底思えないから頼る気にもなれない。

かと言って、他のコンサルタントなどの専門家に相談しようにも、どうやって探したらいいかわからない。
どんな専門家が適しているのかもよくわからない。

インターネットで検索して見つけても、ホームページを見ると、書いてあることが難しかったり押しつけに感じたり、机上の空論の知識バカに感じたり、自分が儲けることしか考えてなさそうだし、コッチの話なんて聞いてもらえなさそうだと感じて相談する気になんてなれない。

もう本当にないないづくしのオンパレードで、試行錯誤の連続でした。
そのせいか、従業員にも散々言われましたよ。

「下請けだろうと何だろうと、注文してもらえるならそれでいいじゃないですか」
「ウチみたいな中小零細企業なんて、どーせ下請けしかできないじゃないですか」

「こんな面倒臭いこと、やるだけムダですよ」
「下請けからの脱却って言うけど、この苦労の先に、いったい何があるんですか?本当にやらなきゃいけないことなんですか?」

「どうなるかわからない未来を心配するより、目の前の仕事をこなす方がずっと大事だし、それでいっぱいいっぱいです」
「ただでさえ現場は忙しくて大変なのに、これ以上負荷をかけないでください」

「新製品を考えろって言われても、今までやったことがないんだからできっこないですよ」
「それに、残業が増えるから困るんですよね」

「給料が増えているわけでもないんだから、今までやったことない仕事まで要求しないでください」
「指示されたことを、そのとおりにやる仕事をさせてください」

などと従業員にも散々言われて孤独もよく感じました。

経営者だから孤独なのは当たり前なんですが、この時は相当堪えました。

心配をかけたくないから従業員には今も話していませんが、うつ病と診断されて薬を服用したり、過労で倒れて寝込んだりしたこともあります。
家族にも散々迷惑をかけました。

「もしかしたら下請けから脱却しない方がいいんだろうか?」
「下請けいじめをされても、我慢した方がいいんだろうか?」
「その方が従業員にとってもいいんだろうか?」

「みんなにこんなに苦労かけて下請けから脱却することが、みんなにとって本当に幸せと言えるんだろうか?」
「本当にこのまま続けていいんだろうか?その先に未来は本当にあるんだろうか?」

と、迷ったり弱気になったりくじけそうになったりしたこともよくありました。

その度にブチキレた時の気持ちを思い出して、「今やらなければ未来はない!」と、自分自身を必死で奮い立たせていました。

下請けいじめに我慢することに時間をかけるよりも、下請けからの脱却に向けた時間をもっともっとかけたかった、もっと早くに決断すべきだったと後悔したぐらいです。

こんなに時間も労力も資金もかかるとは、夢にも思っていませんでした。

まさに、ないないづくしの状態でした。
全てが試行錯誤の連続で、失敗もイヤと言うほど散々やりましたね。

また、下請けから脱却するのは、その場の感情とか勢いとかでやったらダメってよくわかりましたよ。
土壇場のギリギリの状態になってから、下請けからの脱却を目指そうとしても、かなり難しいってことも。

下請けから脱却するには、体力がある内に準備だけでもしっかりしておいた方がいいってことも痛感させられましたし。
つまり、下請けいじめされてブチキレてから準備をしても間に合わないこともあるのかも?ってことなんですけどね。

もしくは、下請けいじめをされてブチキレた時にいきなり下請けからの脱却を目指すのではなくて、我慢しつつもこっそりと準備を進めつつ、タイミングを見計らって下請けから脱却した方がいいのかも?とも思いましたよ。

当社の場合はたまたまうまく行きましたけど、感情先行型でかなり行き当たりばったりでしたし、タイミング的にも本当にギリギリだったのかもしれません。

でも今思えば、ないないづくしの中での試行錯誤と失敗の連続のお陰で、産みの苦しみをイヤと言うほど味わったお陰で、今の当社があるんだと思います。

必死でがんばってくれた従業員と、我慢して陰で支え続けてくれた家族に、感謝しても感謝しきれません。

もっといいのは、取引先から下請けいじめをまだされていなかったとしても、下請けいじめにいつ見舞われても大丈夫なように常にリスクに備えて準備しておくってことですかね。
当社の反省から考えても。

例えば、下請法についてしっかり知っておくのもそうですよね。

そーゆー私も「下請法なんて何の役にも立たない」なーんて言っていましたけど、そう断言できるほど下請法を知っていたかとゆーと、よくよく知ってみると知らなかったことがたくさんありましたし。

下請けいじめをする側は下請法のことをよぉーく知っていて、何が下請法違反なのかも熟知していた上で下請けいじめをやっていたとしたら、そして、下請けいじめをされる側は下請法のことをロクに知らずにひたすら我慢していたり、ブチキレて下請けからの脱却をいきなり目指したり、下請けからの脱却を目指すしかもはや生き残る道が残されていなかったりする状況って、当社がそうだったようにかなり怖いと思うんですよ。

経営環境の変化が激しい世の中ですし、一寸先は闇と言いますし、今は下請けいじめに遭っていなかったとしても、下請企業の立場だったらいつ下請けいじめされてもおかしくない世の中ですし。

新製品開発とか資金力のこととか、マーケティングや営業に関することとかもそうですよね。
下請けの立場に甘えて親会社に丸投げばかりしていると、いざって時に本当に困るってことを身をもって体験しましたから。

もっと言うと、組織力の強化・向上に関することとか、人材採用に関することとか、人材育成に関することとかもそうですよね。
それこそ時間がかかることばかりですし、下請けからの脱却は経営者独りではできませんし、組織でなければできないことですから。

日常からやっておいた方が、万が一の時の準備にもなりますし、いざって時に迅速に行動できると思います。
下請けからの脱却を本気で目指すか目指さないかは別としても、下請けではない会社だったら日常からやっていることでもあるでしょーし。

実はあれから、親会社のいくつかが倒産に追い込まれました。

あの時もしブチキレていなかったら・・・
下請けからの脱却を目指そうとしていなかったら・・・

と思うと、本当にゾッとします。

当社も間違いなく巻き添えを食らっていたでしょうから。
連鎖倒産を余儀なくされていた恐れもありますよね。

とは言えども、もっと早くに気づくべきでしたよね。
たまたま上手く行っていい経験になりましたけど、かなりリスキーな状況だったと猛省しています。

下請けいじめというのは、もしかしたら取引先が潰れる前の兆候でもあり、下請けからの脱却を検討したり準備したりする最後のチャンスを教えてくれていると言えるのかもしれませんね。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったかのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「げげっ・・・、ウチもヤバイかも・・・ ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「あ゛???それがどーしたって言うのさ??? q( ̄3 ̄)p 」
「ウチはこんなことには絶対にならないもんね~♪絶対にダイジョーブだもんね~♪ (⌒▽⌒)ノ" 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

全体像を把握すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「経営者意識や経営者の視点、経営感覚を従業員に持って欲しい理由って?」シリーズ
「人材育成とは?何のための人材育成?戦略的な人材育成って何だろう?」シリーズ
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って何だろう?
「組織だからこそできること、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお~っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ~♪


のかも~???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

というワケで、


下請けからの脱却を目指す前に準備しておきたい事って何だろう?(2)


では、上記とはまた違う声から引き続いて一緒に考えてみませんか?
(。・ω・。)ノ

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、ゆるゆる~っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)




★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「戦略的な人材育成」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)

2 件のコメント:

たけちゃん さんのコメント...

非常に共感したのではじめてコメントします。というのも当社も似た状況だったからです。下請けいじめは会社が潰れる前の兆候だと私も思います。当社の場合も散々躊躇した結果、気がついたときには下請けから脱却するか、会社を潰すかの道しか残されていませんでした。まさに崖っぷちの死に物狂い状態で深く考えている余裕は全くありませんでした。もっと早くに貴ブログに出会っていたら、冷静に吟味してから躊躇することなく素早く行動に移せたのではないかと悔やまれます。下請け企業にとっては、あっても役立たない下請法の説明より生の体験話の方がずっと役立つと思います。続きを楽しみにしております。

ネクストストラテジー さんのコメント...

たけちゃん 様
初めまして。
本質をズバっと突いた鋭いコメント、ありがとうございます。
また、ランキングサイトへのクリックもありがとうございます。
> 崖っぷちの死に物狂い
たけちゃん様のこの時のお気持ち、痛いほどよくわかります・・・。
今でこそ「経営コンサルティング事務所」などとホザいている私ですが・・・
昔は、多重下請けの底辺でもがいていたことがあるので・・・。
> 生の体験話の方がずっと役立つ
ありがとうございます。
危機感を持ってはいたものの、いろんな事情もあってなかなか行動に移せず、機会を逸してしまう下請け企業さんもたくさんあられるため、このようなシリーズをつくってみました。
下請法を使うかどうかも含めて、どのようなタイミングでどう決断するかは、経営者の方次第とは思いますが・・・
下請法を使うにしろ使わないにしろ、下請けから脱却するにしろ、下請けを続けるにしろ、いずれを選択してもメリット・デメリット・リスクがあると思いますし。
今すぐ考える必要がない状況だったとしても、いざという時に何かの役に立つ日こともあるかもしれませんし。
> 続きを楽しみにしております
ありがとうございます。
こんなボログでもよろしければ、気が向いた時にでも遊びに来てやっていただけると嬉しいです。