2018年9月14日金曜日

価格競争力やコスト競争力、過当競争とは?適正価格っていくら?

「価格競争力を強化するには、何をどーしたらいいんだろ~??? (;´Д`)ノ 」
「コスト競争力を向上させるいい方法って、なーんかないかな~??? 。。。(〃_ _)σ∥ 」

「こんなの適正価格でも何でもないってわかってはいるんだけど、値下げ要求が激しいから、コスト競争力をもっともっと高めないと取引を打ち切られちゃうんだよねー (;´д⊂) 」
「ウチの業界は価格競争が激化する一方だから、正社員を解雇して代わりに非正社員をもっと増やしてコスト競争力を強化するしか、生き残る方法がもうないよねー、国際競争力を高めるためにも必要だよね・・・、きっと・・・ (o´д`o)=3 」

「いっそのこと・・・、ウチも海外に進出してコスト競争力を高めた方がいいんだろーか??? (;゜∇゜) 」
「こんなに価格競争が激しいんじゃー、もうやって行けないよー!でも、廃業しようにも借金がまだまだ残っているし、従業員を路頭に迷わせたくないし、いったいどーしたらいいんだか・・・ (´;ω;`) 」

「価格競争に本当は巻き込まれたくないけど、低価格競争に未来はないってわかってはいるんだけど、価格を下げないと買ってもらえないから仕方がないんだよー ( ノД`) 」
「価格競争力では、中小企業は大企業に勝てるワケがないってわかっちゃーいるんだけどねー、でもねー、過当競争に陥っているから仕方がないんだよね・・・ o( ̄_ ̄|||)o--- 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「組織力の強化や向上」などのお手伝いを行なっているからなのか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからなのか・・・

このように、とってもとっても切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「顧客とは何か?お客様って誰?等について考えてみると気づく事って何?」シリーズ
下請法とは?何をされたら下請法違反?下請けいじめに該当する?
多重下請け構造とは?多重下請けによる弊害って何だろう?
国際競争力とは?競争力とは?何をどうしたら競争力の強化につながる?
ブラック企業の定義や基準、根拠等から気づくことって何だろう?
「日本人の強み・弱みとは?外国人には真似できない事、不思議な事って?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「海外と日本の生産性の違いとは?日本の生産性が低い原因って?」シリーズ


などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも~???

なーんて、感じることもあるので・・・ 

そもそもの話・・・

価格競争力って、いったい何なんだろーか?
コスト競争力って、いったい何なんだろーか?

どんな時には、価格競争力やらコスト競争力やらが必要なんだろーか?
どんな時には、価格競争力やらコスト競争力やらが必要ないんだろーか?

価格競争力やらコスト競争力やらを高めるメリットやデメリットって何なんだろーか?
それは、誰にとってのメリットやデメリットなんだろーか?

過当競争のメリットやデメリットって何なんだろーか?
それは、誰にとってのメリットやデメリットなんだろーか?

価格競争力やらコスト競争力やらって、適正価格とは何がどう関係するんだろーか?
適正価格なのかそうでないのかって、誰がどんな基準でどう判断するんだろーか?

どーして、価格競争力やらコスト競争力やらを向上させる必要があるんだろーか?
何のために、価格競争力やらコスト競争力やらを向上させる必要があるんだろーか?
誰のために、価価格競争力やらコスト競争力やらを向上させる必要があるんだろーか?

などなどについて、一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

例えばこんなのから、まずは考えてみるのはどーでしょう?


■ 価格競争力とは?
価格競争力とは具体的にどのようなことなのですか?
物の製造原価は、原材料費料プラス加工費用ですが、これに利益や諸経費をプラスした価格が販売価格(出荷価格)になりますね。

同じ製品で販売価格が、他社や外国製品と比べて高ければ売れませんが、低かったら売れますね。
それで、この販売価格を出来る限り低く抑えようとして競争することを価格競争というのです。

中国は労働者の賃金が安いので生産コストを低く抑える事が出来ますが、このことが価格競争の面で有利に働きますから、日本の企業や欧米の企業の多くが製造の拠点を中国に移して、日本国内では産業の空洞化が進み、中国は、世界の工場と言われていますね。

やはり製造コストの中に占める労働賃金の差が、価格競争に大きな影響を持つのですね。


■ コスト競争力とは?
コスト競争力とは何ですか?
同類の商品を販売するのにかける費用を低くする競争力のことです。

例えば、同じ車の部品を作るのに日本ではなく海外で安く作る(同じ品質が条件)のに積極的な会社はコスト競争力があります。


■ 価格競争とは?
はてなキーワード
市場における企業間、商品間の競争のうち価格面のファクターによる競争。

市場内における競争において、品質競争、ブランド力といった他のファクターも存在するが、価格以外で差別化が行いにくい商品、サービスが多いのが実態である。


コトバンク
製品の販売価格を下げ、競合他社に対し競争を仕掛けること。

製品が差別化されず競争が激しいときや、プライスリーダーが存在せず競合がお互いを意識・牽制し合いながら価格を設定する業界などで、価格競争が発生しやすい。

価格競争は、しばしば売り手同士に疲労感を残すだけという結果に陥りやすい。

価格だけの競争になる前に、製品の差別化を図るなどの対策を練ることが肝要である。


Weblio辞書
商品の販売競争は、最終的には価格で争われることになるが、これを価格競争という。

しかし、消費者にとっての価格の高低は製品の品質、販売面でのサービス、店への時間距離などとのバランスで決定されるものであり、絶対的な金額の多寡だけを示すものではない。

そのため、真の意味での価格競争は、マーケティング戦略上の、非価格競争と同意的なものとなり、製品の品質競争はもとより販売面でのサービス向上競争など多くの要素を含んだ競争となる。


■ 過当競争とは?
goo辞書
同業の企業が市場占有率を拡大しようとして起こる過度の競争状態。
価格が引き下げられ、正常以下の利潤しか得られない。


Weblio辞書
多数の同業種企業間の,適正な水準を超えた激しい経済競争。


■ 非価格競争とは?
コトバンク
価格以外のすべての面における市場での競争のこと。

販売の時代といわれる今日の市場環境にあっては、この非価格競争が一段と激しくなっている。

メーカーにとっての非価格競争には、製品に新たな機能を付け加えたりする製品の差別化、新しい需要層を開発する市場の細分化政策や販売チャネルづくり、広告や販促活動などがある。

小売業にとっても非価格競争力は重要であり、店内の雰囲気や店員の接客態度、商品知識などといったきめ細かなサービスカの充実が求められている。


■ 価格とは?
コトバンク
財やサービスの1単位を購入するに際して,その対価として提供しなければならない貨幣量のこと。
無限とも思える人間の欲求に対して,それを満足させるために必要な自然資源の大部分が有限である。

資源をどのように配分してどの財・サービスを,どれだけ,どのような方法で生産し,その結果を構成員間にどのように分配するかという資源配分および生産物分配の問題は,いかなる人間社会もがなんらかの形で解決せねばならない基礎的な問題である。


ウィキペディア
価格とは、有形・無形の各種の商品(サービスを含む)の取引に際して提示される金額をいう。
基本的には需要と供給のバランスによって決定される。

一般には、値段とも呼ばれ、サービスについては料金ということもある。

価格は、基本的に商品の需要と供給によって決まる物であるが、価格に決定の仕方によっていくつかの種類がある。


【市場価格】
市場で現実に成立する価格で、需要と供給の変動によって上下する。
例として、株式市場における株価などがある。

・生産価格
平均生産額に平均利潤を加えた価格

・競争価格
完全競争市場で成立する価格で、技術の進歩と生産の向上によって低下する。
独占価格に対比して使用される用語である。


【独占価格】
狭義には1社独占の市場での価格をいうが、広義では寡占価格や管理価格のことも指す。

・寡占価格
少数の企業が市場を支配している場合の価格で、生産費が下がっても価格が維持されやすい。

・管理価格
市場支配力をもつ最も有力な企業がプライス・リーダーとして一定の利潤が確保できるよう価格を設定し、その他の企業がそれに追随する場合の価格。


【統制価格】
政策上の必要から国家によって統制される価格で、公共料金などがこれにあたる。
例としては、交通機関の運賃などがあげられる。


【消費者の購買心理に関する価格】
・心理的価格
消費者は特定の商品において一定の価格の範囲内であれば、あまり価格の上下を気にせず購入する価格帯のこと。

・習慣価格
特定の商品に対して消費者が習慣的に認めている価格のこと。
自動販売機における飲料などが含まれる。

・端数価格
値段を「198円」のように端数にすることによって、価格を下げたという印象を消費者に与える価格。
日本では一般に「8」や「9」という端数が多く用いられることからイチキュッパともいわれている。

・名声価格
バッグや時計など主に奢侈品(ぜいたく品、高級品)に用いられることが多い価格。
高価格のほうが品質がいいと判断されることが多いためあえて高価格に設定されている。


■ 適正価格とは?
コトバンク
原価・利潤などを考慮に入れて,適当と思われる価格。

-----


で・・・

次に、例えばこんなのからも考えてみるのはどーでしょう?


「「サービス」の常識」
「顧客は値引きが最も勝ちのあるサービスだと思っている」
「ともかく安くしなければ購入しない」

という勘違いが最近また復活している。

まともな営業・マーケティングの努力を怠り、顧客に値引きをしたり、オマケさえつけたりすれば何とかなる、ともかくそれが楽な活動であるという安易な考え方が営業の習慣になってしまったのだ。

だが顧客は、サービスと値段との関係を、もっときちんと把握している。
高額でサービスが悪い場合はもちろん、たとえ安くても無料でもサービスが悪いと、顧客は評価しない。

低価格の商品・サービス開発に価値観を感じる企業と、価格が安くなければ購入しない顧客との相性はよいだろう。
全ての顧客が「無料、タダ、値引き、オマケが連動しなければ買わない」というわけではない。

「ほしい付加価値が提供され、価値に見合ったサービスが提供されるなら金額は問題にならない」という顧客も大勢存在する。

どちらか一方の顧客と関係を持つのか、あるいはその両方なのかによってサービスの在り方は異なるのである。

必要になるのは、企業と顧客の価値観が合っているかどうかの確認である。

価格はともあれ、付加価値を求める顧客に対して、企業が低価格戦略や値引き合戦に血道を上げてもすれ違いとなるだけだ。


ビジネスパートナー
見下した表現を改めるため、「下請」を「協力業者」「ビジネスパートナー」と呼んだりします。

安定的な仕事が確保されていて、発展・成長する前提であれば薄利受注も可能となり、更に価格競争力が強化され、ビジネスパートナーとしての関係もより強固になります。

ところが、仕事量が減ってくると、あっという間にバランスは崩れます。

まず、適性価格での受注ができなくなり、ダンピングを余儀なくされます。
請負価格に比例して、ビジネスパートナーへの発注価格が下がります。

一過性なら、何とかビジネスパートナーもついてきてくれるでしょう。
ところが、恒常的になると、ついていきたくても、いけなくなります。

当然に、原価は上昇します。
請負が下がって、原価が上がれば、利益が出ません。

利益が出なくなると、資金繰りが逼迫します。
資金繰りが逼迫すると、業者への支払いが滞ります。

「20日の支払を、暫く待ってくれないか?」いわゆる「ジャンプ」の要請です。
ビジネスパートナーは、「ひょっとして回収できなくなるのではないか?」という疑念が過ります。

すると、リスクの分だけ見積が高くなります。
まさに負のスパイラルでしょう。

ビジネスパートナーとの信頼関係の維持。
正の連鎖無くして、安くて良い物の実現はありません。


「経営者の手帳」
元気のない中小企業は、中小企業がやってはいけない3つの競争をやってしまっている。
第一は価格競争、第二は品揃え競争、そして第三は内部の社員間の過当競争である。


1. 価格競争
価格競争は、結果として誰かを苦しめてしまうばかりか、近年の経済社会のボーダレス化・グローバル化のなかではどう考えても成立しない。

中小企業は価格ではなく、商品力、人財力、マーケティング力、社会力、情報力、技術力といった、非価格競争力こそを重視すべきである。


2. 品揃え競争
品揃え競争は、資本力、生産力、調達力のある大企業が有利に決まっている。
中小企業は幅を狭め、専門特化戦略をとるべきである。


3. 内部の社員間の過当競争
内部の社員間の競争とは、近年の行き過ぎた成果主義型の人事制度や賃金制度などのことである。
社員間の過度な競争は、同一組織に勝ち組と負け組を発生させ、職場がギスギスするばかりである。

中小企業の最大の強み、財産は、大家族的経営である。
過度な成果主義は決してそれにふさわしい制度とはいえない。


「どうする? 日本企業」
身の周りを見渡してみてください。
いまや世の中はレベルの高いモノで埋め尽くされています。

ここまでモノの均質化が進むと、価格競争が激化するのは当然です。

すでにあるものに満足している顧客を驚かす。
そういう高い次元に躍り出た企業だけが圧倒的な支持を集める時代に入ると、常識を身につけた人ではなく、常識を創りにいく人が経営にあたらない限り、企業は凡庸に埋没し、価格競争を堪え忍ぶために粛々と身を切り詰める日々を余儀なくされてしまいます。

しかも、クリエイティブは専門家に任せて、経営者は利益管理に専念するという安易な図式は通用しません。


「ストーリーとしての競争戦略」
(完全な)競争状態というものは、そもそも儲からないようにできているのです。

競争がある中で、どうやって儲けるのか。
これは、はなからやっかいな問題なのです。

競争とは企業間の「違い」をなくす方向に働く圧力だといえます。
競争がある状況では、放っておけば「違い」はどんどんなくなってきます。

「違い」がなくなってしまえば、あとに残るのは単純な価格競争です。

こうなってしまえば、利益は出ないのが理屈です。


格安は悪と言われているけど
格安は悪と言われているけど、僕だって、去年車買った時、数店回って一番安いところで買ったし、一昨年のリフォームの時は、やはり数件見積もって一番安いところにした。

よく大企業が中小企業にコストカットを要求して酷いみたいな話とかあるけど、一番安さを求めているのは、僕達、消費者なんだよね。

単に安さだけを求めるのは、止めた方がいいんだろうけど、やっぱり難しいだろうなぁ。
じゃあ何で我々が安い物を求めるかというと賃金安いからだよね。

一般労働者の賃金が上がることはないわけで、生活水準も結局低い所に落ち着いちゃうんだろうと思う。


景気の現実
西成と山谷の“景況感の違い”は、つまりこういうことだ。

低賃金だと山谷では敬遠される。
だから山谷ではもう人を募ることは難しい。
しかし西成だと悪条件でも募集に応じる労働者もいる。

今、公共事業数は全国的に減少傾向にある。
それでも日雇いの労働力は必要だ。

だが高い賃金は支払えない。
安価な労働力に頼らざるを得ず、結果、条件の悪い仕事が増える。

しかし山谷をはじめとする全国各地では、低賃金、長期拘束など、悪条件での募集に応じる者は少ない。
こうした状況を見越して募集側もそれらの地域では、募集を控える傾向にある。

ところが西成ならば、条件の良くない仕事でも応じる者がいる。
そのため募集業者も西成に集中する。
これが西成の労働者には好景気と感じる要因だ。

一方、山谷などでは、さらに仕事が減り不景気と感じる。
安価でもいいのでとにかく仕事が欲しい労働者は、いきおい、西成に流れ着く。

西成での“活況”は、超安価な賃金で働く労働者を求める業者と、それでも構わないと考える労働者の間で繰り広げられているだけに過ぎない。

実際は好景気でも何でもない。
西成、山谷の現地に足を運び見えたのは、そんな厳しい現実だった。


誰も幸せにならないシステム
改めて思ったのは、「激安競争の限界」という問題だ。

何事にも、「適正価格」というものがある。
過当競争のため、価格が安くなればなるほど、現場で働く人の労働条件は引き下げられる。

「安さ」の皺寄せは、結局は「激安」の給料と非人間的な長時間労働という形で現場の個人に押し付けられる。
同時に、客の安全と命も危険に晒される。

一方で、非正規労働が増え、生活苦に喘ぐ人は増加の一途を辿っている。
そんな層にとって、「激安」を謳うあらゆる商品は、既に生活に欠かせない存在となっている。

もうこんな競争が、あらゆる業界で20年以上続いているのだ。
その中で、働く人はどこまでも安く買い叩かれ、安全や健康や命は置き去りにされてきた。

今、心から思う。
いい加減、こんな「誰も幸せにならないシステム」は終わりにできないのか。

もう、システムは破綻しているのだ。

多くの消費者が求めてきた、「安さ」と「便利」。
が、安いものには裏がある。

どこかで誰かが命を削るほどの無理をしている。
「安い」と喜ぶ影で、私たちはたぶん誰かを踏みにじっている。

消費者としての在り方を、一人一人、本気で問い返すべきなのだと思う。
そこからしか、「誰も幸せにならないシステム」を、終わらせることはできない。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「うぉー・・・、今のやり方じゃー逆効果なのかも・・・ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ~ (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

全体像を把握すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「経営者意識や経営者の視点、経営感覚を従業員に持って欲しい理由って?」シリーズ
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材育成とは?何のための人材育成?戦略的な人材育成って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「組織だからこそできること、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお~っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ~♪


のかも~???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?




★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)


【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?
手段の目的化とは?手法や方法論と目的や目標との関係って何だろう?
自律とは?自立とは?その違いって?自律型人材って何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って何だろう?


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

0 件のコメント: