2018年10月10日水曜日

下請けからの脱却を目指す前に準備しておきたい事って何だろう?(2)

下請けからの脱却を目指す前に準備しておきたい事って何だろう?(1)

の続きです。(^^)

※上記の記事を読んでいらっしゃらなくてもこの記事の意味はわかると思いますが、シリーズものなので、できれば読んでやっていただけると嬉しいです
(お願いお願い)

えーと・・・

「下請けからの脱却を目指すのであれば、何からどーしたらいいんだろ~??? (o´д`o)=3 」
「下請けから脱却するには、どんな準備をしておく必要があるんだろ~???何を準備しておいた方がいいんだろ~??? o( ̄_ ̄|||)o--- 」

多重下請け構造の業界だから、下請法違反されるがフツーだし、事あるごとに値下げ要求されるわ、無理難題を突きつけられるわだけど、それでも仕事がないよりずっとマシだから我慢してやらざるを得ないんだよね・・・ (;´д⊂) 」
「実際に下請けから脱却をするかどーかはまだわからないけど、下請けからの脱却も含めて今後の会社の方向性を検討したいんだけど、何からどーしたらいいのやら・・・ (;・∀・) 」

下請法なんてあったって、どーせなーんの役にも立たなさそうだから、いっそのこと下請けからの脱却を目指した方がいいんだろーか??? (|||▽ ) 」
「それともこのまま我慢して下請けを続けていた方がいいんだろーか?その方が無難なんだろーか???めっちゃ悩んじゃうよな・・・ o゚p(∴´⌒`∴)q゚o。 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「人材育成戦略(戦略的な人材育成)」「経営に役立つ情報活用(IT活用・ICT活用)」などなどのお手伝いを行なっているからなのか・・・

このように、とってもとっても切実な声をお聞きすることもあるんですが・・・
(;´・ω・`)

コレって、もしかしたら・・・

下請法とは?何をされたら下請法違反?下請けいじめに該当する?
多重下請け構造とは?多重下請けによる弊害って何だろう?
「日本人の強み・弱みとは?外国人には真似できない事、不思議な事って?」シリーズ
「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って?」シリーズ
「海外と日本の生産性の違いとは?日本の生産性が低い原因って?」シリーズ
「顧客とは何か?お客様って誰?等について考えてみると気づく事って何?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーするのかも~???

なーんて、感じることもあるので・・・ 

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

例えば、下請けからの脱却を目指した経験がある中小零細企業経営者の方の、例えばこんな声から考えてみるのはどーでしょう?


■ B社の経営者の声
先代社長である父が突然死亡して、私が社長を引き継ぐことになりました。

何で引き継いだのか・・・、うーん・・・、何でなんでしょうね???
自分でもよくわかりません。

元々はサラリーマンで営業畑の経験しかなかったせいか、経営のことなんてなーんにも知りませんでした。
だから、引き継いだ時には右も左もわからず本当に大変でした。

自分は経営者には、つくづく向いていない・・・
私なんかが引き継がない方が良かったのかもしれない・・・
その方が、従業員は幸せだったのかもしれない・・・

そう思うこともよくあります。

そうは言っても、引き継いだからには経営者としての責任を何が何でも果たさなければなりません。
だから、自分自身のふがいなさと闘いながら毎日必死でがんばっています。

経営のことはよくわからないものの、でもこのままだとマズイのでは?ってことだけはわかりました。
なぜなら、Z社1社に100%依存した下請けだったからです。

確かに今の状況でも、一応やって行けなくはありません。
長年の付き合いということもあって、下請法違反とは今のところ無縁なんですけどね。

でも・・・

Z社が、もしも倒産したら?
取引を突然打ち切られたら?
無理難題を突きつけられたら?

幸い今のところ、Z社との関係は悪くありません。
なので、こんなことは考えたくはありませんが・・・

しかしながら・・・

Z社はウチにとっての親会社(親事業者)ではありますが・・・
Z社の親会社(親事業者)にとってZ社は、下請企業でもあります。

この業界は、多重下請け構造なんです。
とすると、Z社が下請けいじめに遭う可能性だってあります。

Z社が取引を突然打ち切られる可能性だってあります。
Z社が無理難題を突きつけられる可能性だってあります。

そうなって来ると、Z社が生き残るために、ウチとの取引を打ち切らざるを得なくなる可能性だってありますよね。

Z社が下請法に違反したくなかったとしても、支払いの遅延や値引き要求など、当社に対して下請けいじめをやらざるを得なくなる可能性だってありますよね。

売上が年々減ってきていることから考えても、この業界の厳しい状況から考えても、そんなことが明日起こってもおかしくないのでは・・・?

日本国内で、この業界自体が必要とされなくなることだってあるのでは・・・?
もしそうなったら、今のまま行くと心中するしかなくなるのでは・・・?

そんなことを考え始めると不安で不安で、いても立ってもいられなくて・・・
とにかく何とかしなければ・・・と、危機感を持ちました。

かと言って、下請けからの脱却をいきなり目指すは現実的ではありません。
焦っていきなり下請けからの脱却を目指したら、それこそ自滅してしまうだろうって感じました。

将来的に下請けからの脱却を目指すにしても今はまだとても無理だし、それなりに準備しておく必要もあるから、その時間も必要と判断したんです。

なので、せめて複数社の下請けに分散しなければと思って、営業を行って必死で顧客開拓しました。

勤めていた時には感じたことがありませんでしたし、自分は営業には向いていないってむしろ思っていたぐらいだったんですが、営業の経験があって良かったと心底感謝しましたよ。

何でも経験しておいて損はしないものだなーって。
なにしろ、当社には営業部門すらありませんでしたし。

会社全体が、

「今のままでも別にいいんじゃないの?」
「今までも大丈夫だったんだから、これからだって大丈夫でしょ?」

って雰囲気で、危機感もろくにありませんでしたし。

下請けばかり長年続けていると、こうなってしまうものなんだろうか?
と、ショックを受けました・・・

それに、

「社長になったばかりで、現場のこともロクに知らないぼんぼん育ちに何ができるの?」
「世間知らずのおぼっちゃまだから、そんな無茶なことをしようとするんですよね?」

って顔もされましたし・・・
後継者ってだけで色眼鏡で見られて、あることないこといろいろ陰で言われて、かなり辛かったですよ。

何をどう言っても頭ごなしに反対する従業員もいたり、無視する従業員もいたりして、会社がバラバラになってしまいそうでした。

マジで泣きそうでしたよ。
でも、「今やらなければ手遅れになる」と感じていたので粘り強く説得しました。

従業員の協力が得られなければ何も始まりませんし、今後もしものことがあった時に、従業員の雇用を守ることもできなくなってしまいます。

顧客開拓も大変でしたが、今思えば、従業員の意識改革が最も大変だったかもしれません。
組織改革にしろ人材育成にしろ何にしろ、時間が相当かかるし、労力も相当かかるってことを思い知らされましたよ。

そりゃー、そうですよね。
だって、長年ずぅーっと下請企業でやって来ていたんですから。

今は、Z社への依存度は多少減りましたが・・・
それでも、Z社への売上依存度がまだ70%もあります。

それに景気が悪いせいなのか、どこの会社からも厳しい要求をされます。
このままでは、利益が目減りして行くのは残念ながら避けられないと思います。

ですから、今のうちに次の手を打っておかなければ・・・と考えています。
いざって時に、下請けからの脱却が目指せるように。

取引停止をちらつかされて無理難題を押し付けられて、下請法違反に該当するような行為をされた時に、泣き寝入りして我慢せざるを得ないジリ貧状況になるのだけは避けたいですからね。

これも一種のリスクマネジメントとか、BCP(事業継続計画)と言えるのかもしれませんね。

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったかのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「げげっ・・・、ウチもヤバイかも・・・ ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「あ゛???それがどーしたって言うのさ??? q( ̄3 ̄)p 」
「ウチはこんなことには絶対にならないもんね~♪絶対にダイジョーブだもんね~♪ (⌒▽⌒)ノ" 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「わかったよーなわからんよーな・・・ ( ̄д ̄;) 」
「やっぱ、頭がウニ状態じゃー!よくわからーん! \(  ̄曲 ̄)/ 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

全体像を把握すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「経営者意識や経営者の視点、経営感覚を従業員に持って欲しい理由って?」シリーズ
「人材育成とは?何のための人材育成?戦略的な人材育成って何だろう?」シリーズ
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って何だろう?
「組織だからこそできること、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお~っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ~♪


のかも~???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

というワケで、


■ 下請けからの脱却を目指す前に準備しておきたい事って何だろう?(3)


では、上記とはまた違う声から引き続いて一緒に考えてみませんか?
(。・ω・。)ノ

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、ゆるゆる~っとお付き合いいただけると嬉しいです。(^^)

あ・・・、続きは気が向いた時に書く予定なので・・・
しばらく待ってやってくださいますよう、ひれ伏してお願い申し上げます(懇願)。
m(_ _)m


※「一体いつ、続きを書くんだよー(怒)!」と言ってくださる奇特な方へ※
「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログの更新状況は以下の方法でお知らせしておりますので、もしよろしければ使ってやっていただけると嬉しいです。
m(_ _)m


「自律型人材が育つ組織って?」ブログのRSS対応状況




★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「戦略的な人材育成」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)

0 件のコメント: