2018年11月13日火曜日

管理職とは?管理職を目指す際に知っておきたい名ばかり管理職って?

「管理職なんだからどーのとか、管理職のくせにどーのとかってよく聞くけど、そもそも管理職って、いったい誰のことなんだろ~??? (; ̄Д ̄) 」
「何らかの役職に就いていたら管理職ってことなの?係長も管理職に含まれるの?それとも課長以上が管理職?それともそれとも部長以上が管理職??? ?(゚_。)?(。_゚)? 」

「管理職と平社員との違いって何だろ~??? ( ̄▽ ̄;) 」
「管理職と幹部とは、何がどう違うんだろ~??? (;゜∇゜) 」

などなど・・・

「三方よしの経営相談」「組織人事戦略(戦略的な組織づくり)」「組織力の強化や向上」などのお手伝いを行なっているからなのか・・・
「爆発・炎上・崩壊組織」で消防のお手伝いを行なうこともあるからなのか・・・

このような素声をお聞きすることもあるんですけど・・・
( ´・ω・`)

こーゆー素朴な疑問って以外と大事

なのかも~???

意外と盲点になっていることもある

のかも~???
( ̄  ̄;)

なーんて感じることもあるのと・・・

それに一見、全然関係ないように思えるかもしれないけど、コレってもしかしたら・・・

「日本の良さとは?外国人や海外経験のある日本人が感じる事って何だろう?」シリーズ
「日本人の強み・弱みとは?外国人には真似できない事、不思議な事って何?」シリーズ
「海外と日本の生産性の違いとは?日本の生産性が低い原因って?」シリーズ

などなどにも、ある意味関係するっちゃーする面もあるのかも~???

なーんて、感じることもあるので・・・ 

経営者の立場の方も、既に管理職の立場の方も、これから管理職になる予定の方も・・・
いつか管理職になりたいと思っている方もそうでない方も、管理職って肩書きが欲しいと思っている方もそうでない方も・・・

管理職ではない一般従業員の方も、「管理職のくせに!」ってムカついたコトがある上司の立場の方も部下の立場の方も・・・
「管理職になりたくない人が多すぎる」とか「管理職になりたがらないヤツはウチにはいらない」などと嘆いている方もそうでない方も・・・

一緒に考えてみません? (^^)
あ、モチロン、「自律的に」という意味で。

ちょっと興味あるかも~?
って言ってくださる方は、お付き合いいただけると嬉しいです。(^^)/

んーと・・・

まずは、例えばこんなのから考えてみるのはどーでしょう?


■ 管理職とは?
はてなキーワード
管理職とは、組織において、部下の管理を行う職種。


exBuzzwords
管理職とは、部長、次長、課長、係長のように、自身の指揮命令系統下に1名以上の部下がいるような役職に就いている者のことを指す。

ただし、労働組合に所属することができ、残業手当の支給を受ける権利を有する一般従業員と区別して用いていることも多い。
一般に課長以上がそのような立場と規定されていることが多いことから、課長以上の役職者・職能資格者を指すことも多い。


ウィキペディア
管理職とは、労働現場において、労働者を指揮し、組織の運営に当たる者を指す。

-----


で・・・、次に・・・

例えばこんなのからも考えてみるのはどーでしょう?
d( ̄  ̄)


■ 管理職と管理監督者の違い
管理職と管理監督者の違い
労働基準法41条2号所定の管理監督者には、残業代の支給が義務づけられていないが、この管理監督者は本項で解説している管理職とは全く異なる概念であり、厚生労働省の通達で「経営者と一体的な立場」「出退勤の自由」「地位にふさわしい待遇」などの条件を満たすものとされている。

労働組合法においては、役員、雇入、解雇、昇進又は異動に関して権限を持つ監督的地位にある労働者、使用者の労働関係について機密の事項に接する監督的地位にある労働者、その他使用者の利益を代表する者の参加を許す場合は労働組合として認められないことから、管理職は多くの場合、労働組合に加入したり結成する権利が無いと解釈される。

ただし、一言で「管理職」と称していても、その実態はさまざまであり労働組合員になれるか否かは、実際に即して検討する必要がある。


マクドナルドだけじゃない!「名ばかり」管理職の実態
マクドナルド店長による請求訴訟で、東京地裁は「管理監督者(労働基準法上の<管理職>)」の定義として、3つの条件を挙げている。

1. 経営や労務管理について経営者と一体的な立場なのか
2. 勤務時間の自由裁量があるか
3. 職務の重要性に見合う手当てが支給されているか

それら3つの条件をすべて満たせば、「管理監督者」、すなわち「管理職」に該当するというわけだ。


「弁護士に頼らず1人でできる 未払い残業代を取り返す方法」
労働基準法は、「監督若しくは管理の地位にある者、または機密の事務を取り扱う者は労働時間、休憩、休日についての規定を適用しない」ことを定めています。
(41条)

つまり、管理監督者には法定労働時間がないので、法律上の残業は存在しないことになります。
ここで問題になるのが、労働基準法でいう「管理監督者とはどういう立場か」ということです。

全社員の7割が任命されている「店長」は、それに当たるでしょうか。
一般の会社の「主任」や「係長」はどうでしょうか。

この疑問に対しては、1988年に労働省(当時)から通達が出ており、数々の判例もこの通達が判断基準になっています。
要約すると、管理監督者とは「部長や工場長など労働条件の決定やその他の労務管理について経営者と一体的な立場にある者」のことです。

自由裁量の余地は相当大きくなければなりません。
会社が付けた役職名は関係ありません。

2008年には、厚生労働省基準局長から都道府県労働局長宛に「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の適正化について」という通達が出され、1988年の通達の趣旨に沿った基準が示されました。

普通に考えれば、係長が経営者と一体になって賃金を決めたり昇進を決めたりする立場にあるとは誰も思わないでしょう。
多店舗展開する直営店の店長は、アルバイトの採用や時間給を決めることがあっても正社員の採用や労働条件を決める立場にはありません。

したがって、声を上げれば、会社は是正せざるをえないはずです。

会社の利益は、「売上 - 費用」で決まります。
人件費は一般的に、費用のうち最も大きな割合を占めるものです。
したがって人件費をいかに抑えるかに腐心するのは、会社としては当然の考え方です。

割増しの残業代は、ある意味、会社にとっては計算外の人件費です。
しかも、残業代の出費は変動コストで、社員が無制限に残業していれば、人件費はどれだけ膨らむかわかりません。

そこで、「みなし労働」や「職務手当」によって、変動コストを固定的なコストにすることを考えるのです。
”名ばかり管理職”をつくる役職手当も同様の意味です。

残業代の削減は、労働保険料(労災保険や雇用保険)および社会保険料(健康保険や厚生年金)の企業負担分を削減することにもつながるので、会社はなんとか抑えようと知恵を絞り、法律の許す範囲で”ギリギリセーフ”を目指します。

しかし、ほとんどの場合は、セーフではなくアウトなのです。

こうしたことを知らぬままに過ごしていると、好むと好まざるとにかかわらず、毎日「サービス残業」を行い、未払い残業代がどんどん積み重なっていくことになります。

売上が思うように上がらず、コストアップ要因ばかりが増大するなか、会社の実情は苦しいかもしれません。
しかし、だからといって、賃金の不払いが許されるわけではないのです。

サービス残業をしていることがわかって泣き寝入りしていると、あとから入ってくる後輩社員たちも同じようにサービス残業を強いられることになります。

残業代を不払いにすることで、利益を少しでも多く上げようという考え方はフェアではありません。


■ 「名ばかり管理職」の問題
ウィキペディア
企業の中には、人件費の削減を目的に、単なる社内の職制に過ぎない「管理職」を「管理監督者」とみなし、残業代を支払わないケースがある。

このように本来管理監督者にはあたらない職務の者を管理監督者とみなしているという点では、「名ばかり管理職」ではなく「名ばかり管理監督者」がより正確な表現であると考えられるが、「名ばかり管理職」の方が知名度があるため以下「名ばかり管理職」で表現を統一する。

こうした『名ばかり管理職』は、十分な経験を積まないうちに「管理職」に就かされる。

長時間労働、そして労働量に比べれば低い賃金で企業に酷使されるこれらの「名ばかり管理職」には、体調を崩す者も相次いでいる。
悪質な例となると、社員全員に肩書きを付けて「管理職扱い」にし、労働基準法の規制をくぐり抜ける例もある。

このような「名ばかり管理職」は、残業代が支払われない為に給与総額が役職無し社員よりも低くなることが多いという特徴があり、それを悪用する企業が後を絶たない状況が続いている。


はてなキーワード
十分な権限も報酬も得ていないのに管理職扱いされて残業代を支給されない従業員のこと。
「偽装管理職」とも呼ばれている。

労働基準法第41条第2号において、

「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者(以下、「管理監督者」という。)または機密の事務を取り扱う者」

は、休憩および休日に関する規定の適用除外者とされている。

制定当時の想定としては、時間的制約に縛られると業務に支障が出てしまうような高位の管理役職のためのものであった。

しかし、この「監督・管理の地位」を広義に拡大解釈し、広範囲の労働者を「管理監督者」と位置づけ、休憩や残業、休日に出勤を無給で強制する行為が横行している。

IT 業界では「チーム全員が名ばかり管理職だった」という、笑えないジョークが流行っている。


名ばかりなヒトやモノたち ~あなたは「名」と「実」が伴っていますか
名ばかり管理職を現代用語の基礎知識で調べると次のような説明が載っています。

「管理職の肩書きはあっても、実質的には一般労働者と変わりなく、長時間の残業をしても管理職であるいう理由で残業手当がもらえない人たちのこと」

つまり会社から管理職の肩書きをもらったものの、権限と報酬をもらえない人を指すわけです。
いわば「名実不一致」の状態と言えます。

では、この言葉が登場した時期はいつなのでしょうか。

新聞記事のデータベースで初出を調べてみると、2001年3月30日付の新聞で「『名のみ管理職』悲し 権限・手当なし 労基署初調査」という記事を見つけることができました。

見出しでは「名のみ管理職」という表現になっているものの、記事本文では「名ばかり管理職」という記述が登場します。
つまり少なくとも2001年には、名ばかり管理職の形がメディアに登場していたわけです。

ただ、メディアがこの問題を大きく取り上げるようになったのは、2008年のことでした。
2008年に名ばかり管理職が流行して以降、名ばかり○○という形の言葉が増加した印象があります。

また「名ばかり正社員」という言葉もあります。

初出は2008年7月15日付けの新聞「経済気象台:生産性と人材育成」という記事。
記事内にはこんな文章が登場します。

「労働生産性は(中略)付加価値をつけるか(中略)労働投入量を減らすことで向上する」
「しかし、労働投入量の減らし方が、『非正規社員』や低賃金で長時間労働という『名ばかり正社員』への代替では意味がない。それでは人材が育たない」

つまりこの記事では、正社員なのに低賃金で長時間労働を強いられることについて、名実不一致と判断しているわけです。


社員から残業代を請求されて困っています。怒りが治まりません
既に退職している社員(10名)から、残業代を請求されました。
何度か、内容証明も来ましたが、無視していました。

すると労働基準監督署から呼び出しがありました。
たくさんの人数で支払えない金額だった為、会社基準で管理職だから支払う必用がない旨を労働基準監督署に伝えました。

すると、

「会社都合ではなく、労働法の管理職に準じていないので、請求者全員、管理職に該当しないので支払い義務がある」

と言われました。

タイムカードのコピーを取っていた様です。
念の為、社員達のタイムカードは手書きで書き直しました。

これでなんとかなるでしょうか?
社員達を管理職扱いにしたので残業代は支払わなくても良いと思うのですが、どうなのでしょうか?

これは何かの嫌がらせ、または言いがかりでしょうか?


【ベストアンサー】
怒りが治まらないのは既にやめた社員だよ。
労働基準法違反もたいがいにしとけ。

お前がしてんのはただの「名ばかり管理職」じゃねぇか。

管理職は経営について意見を述べる権限があるんだろ?
ただ残業代を支払わなくていい都合のいいシステムじゃねぇよ。


【その他のアンサー】
残業代を払わなくてもいい管理職とは、経営者と一体で経営に関する重要事項への発言権を有し、勤務について自分で管理する権利があり、賃金が一般社員と明らかな差がつけられていることなどが目安です。

最低限36協定に書いてある残業させる時間分、仮に40時間だとすれば、その40時間分の残業代以上は平社員と管理者との給与格差がある必要があります。

これが前提条件です。
他にも経営に携わっているとか、大きな裁量を与えられているとかが必要です。

勤務を他人から拘束されるタイムカードなるものがある時点で、すでに管理職ではないのです。

管理職の問題は、マクドナルドの名ばかり店長裁判で経営者以外は管理職でないとはっきり判例としてあります。
ですからあなたの理屈は通りません!

あなたはすでに刑法上の犯罪を犯しています。
ここを見た誰もがあなたを告発できる危険な状態です。

タイムカードの手書き修正は、私文書偽造など数々の触法・違法行為を犯しています。
従業員から告訴されなくても、検察があなたを告訴することもできます。

手書きで書き直したならそれは証拠隠滅で刑事告発の対象になります。

もはや裁判でも勝ち目はありません!
労働時間を改ざんするというやり方こそ役所のみならず、従業員も敵にまわしますよ!

今すぐ是正措置を図ることですね。

それでは経営が成り立たない、というかもしれません。
それならば、あなたにはその会社を続ける資格はないし、その会社も本来成り立ちえないものと思って下さい。


「ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪」
悪知恵の働く会社は、法律や制度に基づいて残業代を支払わなくてよいかのような装いをする。

その最たる例が「みなし残業」と呼ばれるものだ。

「みなし労働時間制」と呼ばれるもので、「企画業務型裁量労働制」など3つのパターンがある。
「営業手当」「職務手当」などとして毎月数万円を支払い、そのほかの残業代を支払わない。

ところが、この制度をきちんと運用していた事例はまずない。

つまり、「みなし」と言っているだけで、法律上の要件を満たしていないのだ。
「みなし残業」という、法律用語ではない言葉が出回っていることも、もしかしたら関係があるのかもしれない。

もう一つ、「みなし残業」と同じように、残業代の支払を免れられるように装う場合がある。
大体、「管理監督者」とされるか「個人請負」とされるかのどちらかである。

「管理監督者」については、「名ばかり店長」「名ばかり管理職」問題といえば聞き覚えのある人もいるだろう。

経営者と同格程度の労働者(管理監督者)であれば残業代を支払わなくても自分の裁量で無理なく働けるだろうということを前提に、会社は彼らに対する残業代の支払いを免れることができる。

法律を拡大解釈して、とても経営者と同格とは言えない小売店の店長や事務所の管理職にも残業代を払わない会社がいまなお多数存在する。

「個人請負」の場合、労働者はいきなり「事業主」になる。
「委託」「委嘱」「請負」など、雇用契約とは異なる契約書を交わし、労働法の埒外で働かされる。

残業代を払わない方法を挙げていくとキリがないが、いずれの場合においても目的は労働者を安く長く働かせることにあるという点が重要だ。
安いがゆえに長く働かせることができる。

残業代未払いは、単に不当に賃金を支払わないだけでなく、過労をひきおこす要因ともなっている。


「名ばかり店長」が怒りの訴え(YouTube)

-----


んでもって・・・

こんなのからも、考えてみるのはどーでしょう?


管理職ユニオン(関西)
管理職ユニオン(関東)
首都圏青年ユニオン(関東)
全国の労働相談ホットライン

-----


うーむ・・・
どっ・・・、どーでしょう???

「そっ・・・、そーだったのかー! ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! 」
「だからかー!!だからだったのかー!! ヾ(.;.;゜Д゜)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「管理職ってそーゆーものだと思っていたんだけど、それって実は名ばかり管理職ってヤツだったのかも・・・!? (;・∀・)」
「なれるものなら管理職になりたいし、管理職を目指したいって思っていたけど、やっぱやめておこーかな・・・ (|||▽ ) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「もしかしたら、ウチの会社もそうなんだろーか・・・!? (;゜∇゜) 」
「ウチの上司ももしかしたら名ばかり管理職ってヤツなのかも!?だとしたら明日はわが身なのかも!? Σ( ̄ロ ̄lll) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「管理職のくせにアレも知らないしコレもできないし、なーんにもできない名前だけの無能な管理職 = 名ばかり管理職だと思っていたら、そうじゃなかったんだ・・・ (;´д`) 」
「知らなかったとはいえ、ウチの管理職に対して申し訳ないコトをしちゃったかも・・・ (>人<;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「うちの会社はどんなに苦しい時であっても法律をちゃんと守っているいい会社だって自負していたんだけど、コレは盲点だったかも・・・ ( ̄○ ̄;) 」
「こりゃーやべぇーぞ!!名ばかり管理職だって誰かがタレこんだりしない内に、とっとと改善しておかねば!! ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「レボートや論文をどーやって書けばいいのか何を書けばいいかってコトしか頭になくて、そーいやー、何のための管理職なのか?誰のための管理職なのか?などについて、ちゃんと考えたことがなかったかも・・・ ( ̄∧ ̄ ) 」
「何のための管理職なのか?誰のための管理職なのか?によって、管理職の役割とか役目とかって、もしかしたら違ってくるのかも・・・??? (@ ̄□ ̄@;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「名ばかり管理職になりたくないけど、管理職にもなりたくないけど、それでもなるしかないよなー・・・ (o´д`o)=3 」
「今さら転職できそうにないし、食べていくためにも家族を養うためにも、やっぱ我慢するしかないよな・・・ 。。。(〃_ _)σ∥ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「管理職になってもならなくても、名ばかり管理職だろーとなかろーと、ヒラでも残業代もらえてないんだけど・・・ o゚p(∴´⌒`∴)q゚o。 」
「同じ長時間労働でサービス残業だったら、管理職って肩書きがある方がまだマシなのかも??? o( ̄_ ̄|||)o--- 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「名ばかりでも何でもいいから、やっぱ管理職になりたいんだけどぉ~ 。゚(゚^o^゚)゚。 」
「たとえ名ばかりでも、管理職って肩書きがあるのとないのとでは、世間の評価も大違いだもんなー・・・ (ーー;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「管理職にもなりたくないし、名ばかり管理職にもなりたくないよー!! ヽ(;▽;)ノ 」
「名ばかり管理職だろーとなかろーと、管理職になったっていいコトなんてないからヤダよー!! ( ;∀;) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「管理職だろーと名ばかり管理職だろーと、そんなのどーでもいいしぃ~、一生ヒラでいいから自分には関係ないしぃ~ q( ̄3 ̄)p 」
「名ばかり管理職って知らないでなったヤツが悪いんだよねぇ~、知っていてなったヤツはもっと悪いよねぇ~、それじゃー自分が悪いよねぇ~、自己責任だよねぇ~ ( ̄。 ̄) 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「へぇー、そーだったんだー・・・、ほぉーん・・・、内部告発しちゃろーっと。管理職の役割や仕事の一つだろーしね~w ( `.∀´)イヒッ 」
「そーだそーだ!!やったれー!!法律ぐらい守れー!!給料上げろー!!管理職にするならちゃんと教育しろー!!経営者は全員敵だー!! ヽ(`⌒´メ)ノ 」

という方も、いらっしゃれば・・・

「そんなブラック企業になんて入ったら人生お終いだよ・・・、絶対に入りたくないよ・・・ (;゚;Д;゚;;) 」
「管理職にさせられることなく、ヒラのままでも給料も休みもいっぱいもらえて、人間関係も良くて上司にも部下にも恵まれていて、残業も全然なくて仕事もラクチンで通勤もラクで、どんなコトがあっても絶対にクビにならなくて、倒産とか廃業とかも絶対にしなくて、正社員で一生雇ってくれるいい会社ってどこかにないかな~??? (;´Д`)ノ」

という方も、いらっしゃれば・・・

「ナルホド・・・、ちょっぴりわかった気がするかも・・・ ヽ(´ー`)ノ 」
「あ、なーんだー、そーだったんだ~ (〃▽〃) 」

という方も、いらっしゃるんじゃーないでしょうか?

他にも、例えば・・・

全体像を把握すると気づく事、俯瞰しないと気づけない事って何だろう?
「根本的な原因とは?真因とは?今見えている問題って本当の問題?」シリーズ
「経営者意識や経営者の視点、経営感覚を従業員に持って欲しい理由って?」シリーズ
下請法とは?何をされたら下請法違反?下請けいじめに該当する?
多重下請け構造とは?多重下請けによる弊害って何だろう?
「人材育成とは?何のための人材育成?戦略的な人材育成って何だろう?」シリーズ
「人材育成で効果が出る事、人材育成では効果が出ない事って何だろう?」シリーズ
「人材採用とは?従業員を雇用するのは何のため?誰のためなんだろう?」シリーズ
「組織だからこそできること、組織でなくてもできることって何だろう?」シリーズ

などなども含めると、いろんな意味で考えさせられちゃいません? (^^)

ふーむ・・・、こーやって考えてみると・・・

まだ見えていないだけで・・・

意外なところにヒントがいっぱい溢れている
おお~っ ━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━ 見っけ~♪


のかも~???

なーんて、感じません? (〃▽〃)

どっ・・・、どうでしょう???
皆さまは、どう思われますか?




★★★ ネクストストラテジーは、三方よし経営の黒子サポーターです ★★★
「ヒト(組織)」「情報(IT)」を中心に「三方よし経営」のお手伝いを行っております。
「戦略的な組織づくり」「組織力の強化や向上」などのご相談
首を長ぁーくして、お待ちして申し上げております。 (⌒人⌒)


【追伸1】
「・・・で、答えは何なの???」と思った方へ


よろしければ、以下の記事も見てやっていただけると嬉しいです。(^^)

「自分で考えて行動する「自律型人材」が育つ組織って?」ブログについて
答えが見つからない、探しても解決策が見つからない原因って何だろう?
手段の目的化とは?手法や方法論と目的や目標との関係って何だろう?
自律とは?自立とは?その違いって?自律型人材って何だろう?
誰にも相談しない、相談したくない、相談できない理由って何だろうか?
「自分で考える」と「独りで考える」って同じ?組織力などとの関係って何だろう?


【追伸2】
「三方よしって、何???」
という方は、よろしければ以下のページも見てやってもらえると嬉しいです。(^^)


三方よしって、何だろう?

0 件のコメント: